なるか、虎の巻?!

つい最近まで、読む本の種類が少し増えていました。

実用書みたいな本をたまに手にして読むことをしていたんです。
振り返ってみても、今までそんな本を読んだことってまず無かったんですが手にしてみたんです。

結構おもしろいもんですね。
知識が手に入るし、キチンと理解して使えるようになれば生活の役にもたちます。
(実際は、読んだくせに役に立てられるようになっていないのが、僕の失敗なんですが…)

もちろん小説も読んでいるんですが、今まで通りの読み方をしていると自分の中に本の中身があまり残っていっていない事に気がついて、最近は新しい読み方をしていて、これは慣れるまではもうちょっと時間がかかりそうです…。

実用書を読んでいて感じたのは、書いてある内容が、自分の延長線上にありうるような体験談などで書かれているので、自分にあてはめて考えやすくて理解しやすいものだったり、モノによってはすぐに役に立てやすいものだった事でした。(何度も言うと、実際は理解なんて出来ていないんですけどね)

けど、最近は自分の失敗を振り返って「失敗=出来ないこと」の原因を探ることの方がよっぽど自分にとっての実用書になるんだなということに気がついて、きちんと取り組む時間を作っていくことにしています。

いつか、この実録・小谷建仁の失敗集が「虎の巻」になるようにしていきたいと思います。

今日の音楽
Green Day / Good Riddance (Time Of Your Life)
—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA