変身

箱の中には世界に一匹しかいないムシがいるという。

見たい子いる?

覗きたい覗きたい覗きたい!

覗いた箱の中には、棒っ切れや葉っぱが一杯に敷き詰められている。
お目当ての虫は上手に隠れているのか、目を凝らすも虫は見つからなかった。

あったのは小さな鏡が一枚。

自分と目が合って、見つめあう視線。。。

保育園の卒園式に園長先生が用意してくれたプレゼント

泣きムシ、弱ムシ、怒りんぼうムシ、本のムシ…

今日世界に一匹しかいない君たちは大きく成長して、いま旅立とうとしている…って、そんな話をしてくれていたっけなぁ。

最近、ご飯がおいしくてよく食べるんですよね。
栄養をたっぷり蓄えて、つぎの成長に備えている頃なのか…

ある朝、目覚めると巨大な虫になっていた

『変身』

ふと、そんな自分を想像した。
—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA