VPNは違法?合法?国別の規制・制限状況とおすすめのサービスを解説

スマホのセキュリティを守るVPN

【広告・PR】

この記事では、国ごとのVPN規制と制限状況を国ごとに解説し、違法行為を避けるためのVPNの基礎知識をお伝えします。

さらに、安全で信頼性の高いVPNサービスの選び方と、おすすめのVPNを紹介しています。

この記事で得られること

国ごとのVPN規制と制限状況
違法行為を避けるための知っておくべきVPNの基礎知識
VPNの違法に関するよくある質問・FAQ

初めてVPNを使うひともすぐに理解できるように、各国の法的規制に基づくVPNの正しい使い方を解説し、安心してサービスを選べるようになります。

違法な利用を避けて、信頼できるVPNを選ぶことで、セキュアなインターネット接続環境を整えましょう。

結論:VPN利用が違法か合法かは国によって異なる

VPN(Virtual Private Network)の利用が違法か合法かは、国によって異なります。

たとえば、日本やアメリカ、イギリスなどの多くの国ではVPNの使用は合法です。

これらの国では、VPNはインターネット通信の安全性を高め、プライベートな通信を保護するための重要なツールとして認識されています。

しかし、中国やロシア、北朝鮮などでは、VPNの使用が厳しく規制されています。

これらの国では、政府がインターネットの利用を監視しており、未承認のVPNサービスを使用すると法律に違反することになります。また、VPNを使って違法な活動を行うと、その行為自体が違法とされる可能性が高いです。

つまり、VPNそのものは多くの国で合法ですが、使い方次第では法律に触れることもあるため、各国の規制状況をよく確認することが重要です。

ケンジントン

ここからは国ごとのVPNの法律規制について紹介していきます。海外旅行やビジネス出張先、気になる国の規制状況がどうなっている確かめてみてください。

VPN利用が違法な国

先ずはVPNの法律規制上で違法とされている国をご紹介します。

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)

北朝鮮では、インターネットアクセスそのものが厳しく制限されており、一般市民がVPNを利用することはほぼ不可能です。

北朝鮮政府が管理・監視している「光明ネットワーク」というイントラネットサービスがありますが、これは国外からアクセスできず、VPNの使用も許されていません。

国内のインターネットユーザーはごくわずかで、国外の情報にアクセスする行為は重罪とされ、厳しい罰則が科されます。

イラク共和国

イラクでは、VPNは2014年から違法となっています。

テロ対策やセキュリティの理由から、VPNの使用が規制されていて、その後も規制が続いています。違反者には厳しい罰則が適用される可能性があります。

ベラルーシ共和国

ベラルーシでは、2015年に「インターネットメディア法」が施行され、VPNや匿名化技術の使用が制限されました。

ほかにも、The Onion Router(Tor)やTelegramやSignalをはじめとするソーシャルメディアアプリなど、オンラインプライバシー保護を目的とした技術も禁止されています。

特に、反政府的な活動や情報の拡散を防ぐために、未認可のVPN利用は違法とされ、利用者には罰金が科されることがあります。

トルクメニスタン

トルクメニスタンでは、2019年にVPNの使用が禁止されました。

トルクメニスタン政府は、唯一の公認インターネットサービスプロバイダであるTurkmentelecomを通じて、VPN通信を検出しブロックしています。

国民には「VPNを使用しない」とコーランに誓わせるほどの厳しい対応が取られています。

VPN利用が厳しく規制されている国

次にVPN利用が厳しく規制されている国をご紹介します。

中華人民共和国(中国)

中国では、VPNの利用が厳しく規制されています。

政府は「グレートファイアウォール」と呼ばれるインターネット検閲システムを導入しており、未認可のVPNサービスを使用すると罰金や刑罰の対象となります。

許可されたVPNサービスのみが合法とされています。

ロシア連邦

ロシアでは、2017年に「インターネット規制強化法」が改正され、登録されていないVPNサービスの使用が禁止されました。

政府は通信規制を強化し、ユーザーが匿名でインターネットを利用することを制限しています。ロシア内務省は、違法なVPNの使用に対して罰金を科す可能性があります。

イラン・イスラム共和国

イランでは、インターネット検閲が厳しく、VPNを使用して政府の規制を回避することは違法です。

2013年に、サイバーセキュリティの改善を目的とした同国内のインターネット計画を発表し、すべての政府機関を「国家情報ネットワーク」に接続し、一般市民もこのネットワークに接続されるインターネット規制状況があります。

違反者には罰金や懲役刑が科される可能性があります。

オマーン国

オマーンでは、政府がインターネット利用を監視し、VPNの使用を違法としています。

2010年に、オマーンの電気通信規制局はVPNの使用を制限し、違反者には高額の罰金が科されることがあります。

トルコ共和国

トルコでは、政府が特定のVPNサービスをブロックしています。

2016年のクーデター未遂以降、インターネットの監視が強化され、反政府活動を抑制するためにVPNの利用が制限されました。

特に、主要なVPNプロバイダーへのアクセスが遮断されており、利用者は代替手段を探さなければなりません。

アラブ首長国連邦(UAE)

アラブ首長国連邦(UAE)では、政府が承認したVPNサービスのみ使用可能です。

政府はインターネットを監視し、VoIPサービスなどの通信手段を制限しています。

未承認のVPNを利用すると高額な罰金が科されることがあり、特に企業や個人が慎重に対応する必要があります。

エジプト・アラブ共和国

エジプトでは、一部のVPNサービスが制限されています。

2011年のアラブの春以降、政府はインターネットの自由を制限し、政治的な動きを抑制するためにVPNの利用を監視しています。

特に、政府がアクセスを禁止したサイトに接続するためにVPNを使うことは違法とされ、利用者には罰則が課される可能性があります。

インド共和国

インドでは、一部のVPNサービスが規制されています。

特に、政府が定めた情報セキュリティの基準に従わないVPNプロバイダーが対象です。

2021年には、サイバー犯罪やテロリズムの防止を目的として、VPN利用者のデータを保存し、必要に応じて提供することが義務付けられました。これにより、一部のVPNサービスは利用が難しくなっています。

ウガンダ共和国

ウガンダでは、VPNの利用に政府の許可が必要な場合があります。

2018年に導入されたソーシャルメディア税により、ユーザーはソーシャルメディアサイトにアクセスする際に課税されることとなり、これを回避するために多くの人々がVPNを利用するようになりました。

政府はこの動きを抑制するために、VPNの使用を監視し、許可を得ていないVPNの利用を制限しています。違反者には罰金やサービス停止が課される可能性があります。

シリア・アラブ共和国

シリアでは、VPNの利用が厳しく規制されています。

政府は長年にわたりインターネットの自由を制限し、反政府活動を防ぐためにオンライン活動を監視しています。

VPNを使用して検閲を回避しようとする行為は違法とされ、厳しい罰則が科されることがあります。特に、政治的な情報や国際的なメディアへのアクセスが制限されており、VPN利用者は高いリスクを伴います。

ケンジントン

これらの国々では、VPNの使用に対する規制が厳しく、違反者には厳しい罰則が科される可能性が高いです。安全かつ合法的にインターネットを利用するためには、現地の法律や規制をしっかりと理解することが重要です。

VPN利用で違法行為を避けるための知識

ここではVPN利用で違法行為にあたらないために必要な知識を紹介し、合法的にVPNを使う方法を紹介します。

VPN規制はどのように実施されるのか?

国や政府がどのようにVPN利用を検出・防止しているのか具体例をご紹介します。

IP/ドメイン制限

政府は特定のVPNサーバーのIPアドレスやドメインをブラックリストに追加し、これらのサーバーへのアクセスをブロックすることがあります。これにより、ユーザーは特定のVPNサーバーに接続できなくなります。この手法は、ロシアなどVPN規制が厳しい国で一般的に使用されています。例えば、ロシア政府は未承認のVPNサービスのIPアドレスをブロックリストに登録し、アクセスを遮断しています。これにより、VPN利用の制限が強化され、規制が徹底されます。

ISPによるVPNプロトコルのブロック

政府はインターネットサービスプロバイダー(ISP)に対して、特定のVPNプロトコルをブロックするよう指示します。これによりインターネットサービスプロバイダなどがインターネット等を通じて出入りする情報を監視し、アクセス先への接続を偽装・拒否・遮断する技術である。 例えば、中国の「グレート・ファイアウォール」は、この手法を用いて多くのVPN接続をブロックしています。

深層パケット検査(DPI)の使用

深層パケット検査(DPI)は、インターネットなどのネットワークを流れるデータの内容を解析する技術のこと。 不正なデータや望ましくない情報などの送受信を感知し、データの転送を止めたり、問題のあるWebサイトへのアクセスを遮断したりすることができる。DPIを用いることで、政府は暗号化された通信の中にVPNの使用を特定しやすくなり、特定のVPNプロトコルの識別と遮断することができます。

VPNでやってはいけないこと

VPNを利用する際にやってはいけないことには、違法ダウンロードアクセス制限のあるサイトへの接続があります。

例えば、アメリカでは著作権を侵害するコンテンツをダウンロードすることは違法ですし、中国では政府が禁止するサイトへのアクセスが厳しく取り締まられています。これらの行為は、多くの国で法律違反とされており、罰則の対象となります。

VPNを使う際は、合法的な用途に限定し、安全にインターネットを利用することが重要です。

VPNを違法に使用するとどうなるのか?

VPNを違法に使用すると、罰金や罰則が科される可能性があります。

例えば、中国では違法なVPN利用が発覚すると、罰金や懲役刑が科されることがあります。ロシアでも同様に、政府の認可を受けていないVPNの使用が違法とされ、違反者には罰金が科されます。また、UAEでは未承認のVPNを利用すると、約50万円以上の罰金が科されることがあります。

違法なVPN利用は、法的なリスクが高く、個人のプライバシーや安全を脅かす可能性があります。

ケンジントン

合法的にVPNを利用し、トラブルを避けることがとても重要です!

日本と海外でのVPN認知度・利用率の比較

実は、日本人のVPN認知度と利用率はとても低いって知っていましたか?

以下はNordVPNが2023年に実施・調査したVPN利用実態調査をまとめた比較データになります。

VPNの認識率VPNの利用率
日本23%8%
香港87.2%50.2%
シンガポール79.8%42.9%
ブラジル73.9%32.8%
台湾72.8%36.9%
ポーランド69.2%28%
カナダ68.1%28.5%
イギリス67.9%27.9%
アメリカ66.8%33%
スペイン66.4%26.5%
オーストラリア62.7%27.1%
メキシコ62.6%27.6%
ドイツ61.7%25.5%
スウェーデン60.9%21.2%
オランダ59.7%24.2%
イタリア58.7%25.5%
フランス57.5%24%
韓国55.5%25.4%

本調査はNordVPNの委託を受け、2020年8月から2023年3月にかけて外部機関により実施されました。18か国で計151,400人の回答者が調査対象となりました。

引用元:「NordVPN調査:VPNを利用している日本人は1割未満」より一部抜粋

日本ではVPNの利用が一般的でないため、多くの人がVPNを使うことに対して不安を感じたり、違法性を心配したりしています。

特に、VPNの法的規制に関する正確な情報が少ないため、VPNを初めて使う人はその使用が法律違反にならないかと気にする人が多いのかもしれません。

VPNを使うことへの不安を解消するためにも、VPNの正しい知識と合法的な使い方を知ることがとても大切ですね。

ケンジントン

VPNは安全なインターネット接続とプライバシーを保護してくれる便利なツールなんですよ!正しい知識があればVPNを安心して使えるようになりますよ!!

信頼できるVPNサービスの選び方

信頼できるVPNサービスを選ぶためには、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。ここでは、その選び方のポイントを解説します。

ログポリシーが明確であること

VPNサービスを選ぶ際には、ログポリシーが明確であることが重要です。

ノーログポリシーとは、利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどを記録しないことを意味します。これにより、プライバシーが守られ、情報が漏洩するリスクを避けられます。

例えば、NordVPNExpressVPNは「ノーログポリシー」を採用しており、ユーザーの通信履歴や個人情報を一切記録しないことを明言しています。これにより、安全にインターネットを利用できます。

高速で安定した接続が可能なこと

VPNを使う際、接続速度が遅いとストレスになります。信頼できるVPNサービスは、世界中に多くのサーバーを持ち、高速で安定した接続を提供します。

例えば、ExpressVPNは94か国に3,000以上のサーバーを持ち、常に高速な接続を提供しています。これにより、ストリーミングやオンラインゲームも快適に楽しめます。

強力な暗号化技術を使用していること

安全な通信を確保するためには、強力な暗号化技術が欠かせません。

信頼できるVPNサービスは、AES-256ビット暗号化などの強力な暗号化技術を使用しています。この技術によってデータ漏えいの心配やプライバシー保護が強化されるので安心してインターネットを利用することができるようになります。CyberGhostMillenVPNは、この技術を採用しており、高度なセキュリティで評価されています。

多様なプラットフォームに対応していること

VPNサービスを選ぶ際には、使用するデバイスやプラットフォームに対応しているか確認することが重要です。

多くの信頼できるVPNサービスは、Windows、Mac、iOS、Androidなど多様なプラットフォームに対応しています。たとえば、Surfsharkは無制限のデバイス接続をサポートしており、家族全員で同時に利用できます。

顧客サポートが充実していること

問題が発生した際に迅速に対応してもらえるよう、顧客サポートが充実していることも重要です。

信頼できるVPNサービスは、24時間365日のライブチャットサポートがあったり、日本語にも対応しています。例えば、ExpressVPNNordVPNは、迅速かつ親切なサポートを提供しており、初めてVPNを利用する人でも安心です。

VPN規制を回避できる技術を持っていること

政府のVPN規制が厳しい国でも使用可能な技術を持っていることが重要です。

たとえば、中国やロシアなどの国では、政府がインターネットサービスプロバイダー(ISP)に特定のVPNプロトコルをブロックするよう指示しています。このような国では、ステルスモードやオブフスケーション機能(難読化機能)を備えたVPNが有効です。ExpressVPNNordVPNは、このような機能を提供しており、厳しい規制を回避することができます。

ケンジントン

これらのポイントを考慮して信頼できるVPNサービスを選ぶことで、安全かつ快適なインターネット環境を手に入れることができます。

おすすめのVPNサービス5選

VPNの規制が厳しい国でもおすすめのVPNサービスを5つ紹介します。

Recommended VPN Service
おすすめのVPNサービス5選

  • NordVPN: 価格と使い勝手の良さ・バランスの良い大手VPNサービス
  • ExpressVPN: 世界トップクラスの通信速度と高いセキュリティが定評な大手VPN
  • Surfshark: リーズナブルな価格と無制限の同時接続を皆んなで楽しめるVPN
  • CyberGhost: 世界の動画配信を幅広く見れて、長期プランのコスパが良いVPN
  • MillenVPN: 日本運営の安心感とコスパの良さ、充実した短期プランが好評なVPN
ケンジントン

どのVPNサービスも無料保証期間を利用できるので、実際にいくつか試してみるのがおすすめ!

NordVPN

NordVPNのロゴマーク
引用元:NordVPN公式

NordVPNは、価格と使い勝手の良さで人気のVPNサービスです。

お手頃な価格設定にもかかわらず、高いセキュリティ性能と迅速な接続速度を提供します。

世界中に5,000以上のサーバーを持ち、常に高速で安定した接続が可能で、ストリーミングやオンラインゲームも快適に楽しめます。

またNordVPNは「ノーログポリシー」を採用しており、ユーザーの通信履歴や個人情報を一切記録しません。

さらに、初心者でも簡単に設定できるユーザーフレンドリーな設計が特徴です。

▼公式サイト▼

ExpressVPN

Express VPNロゴ
引用元:ExpressVPN公式

ExpressVPNは、世界トップクラスの通信速度と高いセキュリティで定評のある大手VPNサービスです。

通信速度を重視する方に特におすすめで、安定した接続が求められるビジネスパーソンにも最適です。

ExpressVPNは94か国に3,000以上のサーバーを持ち、常に高速で安定した接続を提供します。これにより、ストリーミングやオンラインゲームも快適に楽しめます。また、強力な暗号化技術を使用しており、ユーザーのプライバシーをしっかりと保護します。ExpressVPNは「ノーログポリシー」を採用しており、通信履歴や個人情報を一切記録しません。

さらに、政府のVPN規制が厳しい国でも使用可能な技術を持っており、安心して利用できます。

▼公式サイト▼

Surfshark

surfshark VPNのロゴ
引用元:Surfshark公式

Surfsharkは、リーズナブルな価格設定と無制限の同時接続が特徴のVPNサービス。

コストを抑えたい人や複数のデバイスを持っている家族に特におすすめです。

Surfsharkは、日本語対応もあり、初心者でも簡単に設定できます。また、世界中に3,200以上のサーバーを持ち、高速で安定した接続を提供します。強力な暗号化技術を使用しており、ユーザーのプライバシーをしっかりと保護します。Surfsharkも「ノーログポリシー」を採用しており、通信履歴や個人情報を一切記録しません。さらに、政府のVPN規制が厳しい国でも使用可能な技術を持っており、安心して利用できます。

▼公式サイト▼

CyberGhost

cyberghostVPNのロゴ
引用元:CyberGhost公式

CyberGhostは、世界の動画配信を幅広く視聴できる専用サーバーを持ち、長期プランでのコスパが良いVPNサービスです。

動画ストリーミングを楽しみたい人や長期で海外旅行をする人に特におすすめです。

CyberGhostは、世界90か国に8,000以上のサーバーを展開しており、高速で安定した接続を提供します。強力な暗号化技術でユーザーのプライバシーをしっかりと保護し、通信履歴や個人情報を一切記録しない「ノーログポリシー」を採用しています。さらに、政府のVPN規制が厳しい国でも使用可能な技術を持っており、安心して利用できます。

CyberGhostは、合法的に多くのコンテンツを楽しみたい人に最適です。

▼公式サイト▼

MillenVPN

millenVPNのロゴ
引用元:MillenVPN公式

MillenVPNは、日本企業が運営する安心感とコスパの良さで定評のあるVPNサービスです。

短期プランが充実しているため、短期で海外旅行する人や初めてVPNを利用する人に特におすすめです。

MillenVPNは、世界中に多数のサーバーを持ち、高速で安定した接続を提供します。強力な暗号化技術を使用しており、ユーザーのプライバシーをしっかりと保護します。通信履歴や個人情報を一切記録しない「ノーログポリシー」を採用しているため、安心して利用できます。さらに、政府のVPN規制が厳しい国でも使用可能な技術を持っており、合法的に安全なインターネット環境を提供します。

MillenVPNは、信頼性とコストパフォーマンスを重視する方に最適です。

▼公式サイト▼

VPNの違法に関するよくある質問・FAQ

海外の動画配信サービスをVPNで視聴するのは合法ですか?

海外の動画配信サービスをVPNで視聴すること自体は違法ではありません。

ただし、利用規約に違反する場合があります。各サービスの利用規約を確認し、適切に利用することが重要です。

さらにくわしく知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

関連記事:「YouTubeプレミアムのVPN利用は違法になる?デメリットも合わせて解説

VPNを使ってできることは何がある?

VPNを使うことで、インターネット通信を暗号化し、プライバシーを保護できます。また、地理的な制限を回避して海外のコンテンツにアクセスしたり、公共のWi-Fiを安全に利用することが可能です。

その他VPNサービスを利用してできることには下記があります。

VPNを使ってできること
  • 価格差利用のショッピング
  • サブスクリプションサービス月額料金の節約
  • 海外から日本の動画配信サービス視聴
  • 海外での通信規制の回避
  • 広告表示を非表示にする
  • オンラインゲーム通信の安定化・体験向上
  • 安全なリモートアクセス・リモートワーク

関連動画:「【初心者向け】図解でわかるVPNで航空券を安く予約する方法!初めての海外旅行者必見!!

無料VPNサービスの利用は安全ですか?

無料VPNの利用は、セキュリティ面でおすすめできません。

多くの無料VPNは、通信速度が遅かったり、データを第三者に提供するリスクがあります。また、強力な暗号化を提供しないことが多く、プライバシー保護が不十分です。信頼性の高い有料VPNを利用することをおすすめします。

まとめ:VPNの正しい知識を身につければ法律違反になる心配はない

まとめ:VPNの正しい知識を身につければ法律違反になる心配はない

ここまでVPNの違法性や合法的に使うための基礎知識を伝えてきました。

VPNを利用することで、インターネットの安全性やプライバシーを大幅に向上させることができます。そのためには正しい知識を持ち、信頼できるVPNサービスを選ぶことが大切です。

数あるVPNサービスから選ぶのに困った場合は、本記事で紹介したおすすめVPNサービスの無料保証期間も活用して自分に合ったサービスを検討してみてください。

おすすめのVPNサービス
  • NordVPN
  • ExpressVPN
  • Surfshark
  • CyberGhost
  • MillenVPN

VPNの正しい知識を身につけ、これらの信頼できるサービスを活用することで、安全かつ合法的にインターネットを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA