プロジェクターとANSIルーメンの関係とは?メーカーが推奨する明るさの目安は?

プロジェクターの明るさについての説明
プロジェクターから放たれる光

ホームプロジェクターのスペックにおいて、明るさは最重要事項の一つ。

この記事ではホームプロジェクターの「明るさ」について、下記の視点から迫ります。

この記事から得られること
  • ルーメンとは?ルーメンとANSIルーメンの違いとは?(必読)
  • メーカーが推奨する明るさの目安は?
  • プロジェクターに必要な明るさの目安は?(結論)

プロジェクターのご購入やレンタルする際に、目安の一つにしていただければ幸いです!

小さな部屋に置かれたプロジェクター

ルーメンとは?

ルーメンとは、LEDの明るさ(輝度)を示す単位です。

記号は「lm」と表記します。

「lm(ルーメン)」は、元々はLED電球の明るさを示す単位でした。

多くのプロジェクターは光源としてLEDを使用しているため、今ではプロジェクターの明るさを示す単位として使われます。

ルーメンの値は、大きい数値のプロジェクターほど、明るいプロジェクターになります。

しかしながら、このルーメンには明るさを示す単位として、致命的な欠陥がありました。

それは、メーカーによって基準が違うこと。

「ルーメンの値は同じなのにA社とB社のプロジェクターでは明るさが違う」という事態が発生したのです。

これでは、単位としての役割を果たしていません。

そこで登場したのが、「ANSIルーメン」なのです。

ルーメンとANSIルーメンの違いとは?

ANSIルーメンとは、「明るさの統一基準」です。

記号は「ANSI lm」と表記して、読み方は「アンシルーメン」。

「The American National Standards Institute(ANSI:アメリカ国家規格協会)」が定めた、プロジェクターが発する光の明るさの、国際的な統一尺度の一つです。

測定方法は、白色を投写したスクリーン上の明るさを複数点で測定し、その平均をANSIルーメン値として算出します。

つまり、ルーメンとANSIルーメンの違いは、ルーメンは「=自社基準値」ANSIルーメンは「=統一基準値」を表しているのです。

日本国内でANSIルーメンが、明るさの単位として認知され始めたのは、2,000年代初頭とされます。

しかし、単位として広く使われ始めたのは、つい最近(2021年頃)です。

プロジェクターメーカー各社が、ANSIルーメンの採用に二の足を踏む理由。

なぜなら、「自社にとって不利な宣伝材料になる」からでした。

ルーメン値は2,000なのに、ANSIルーメン値は200程度だった、というケースが頻発したのです。

一般的に、ルーメンに比べてANSIルーメンの方が値は小さくなるため、自社製品のPRにとって好ましくない、という判断が働いたのでしょう。

ただし、近年ではコンプライアンスや公平性の観点から、ANSIルーメンによる表記がだいぶ進んでいます。

もう1点。

違法製品が数多く市場に出回っていることも、ANSIルーメンを普及させる要因でしょう。

ルーメンはいわば「自称値」なので、「3,000ルーメンで1万円の激安プロジェクター」といった謳い文句の粗悪品が氾濫し、正規業者の利益を圧迫しているようです。

プロジェクター選びでは、ANSIルーメンの値を確認して製品を比べることが大切です。

自宅に届いたレンタルプロジェクター
レンタルしたプロジェクターを移している様子
明るさは「200ANSIルーメン」で、日中にカーテンを閉めて使った様子

メーカーが推奨する明るさの目安は?

選択に迷う指先
選考したメーカー5社
  • Anker
  • EPSON
  • SONY
  • BenQ
  • XGIMI

以上5社について、ホームプロジェクターにおける各メーカーの明るさの推奨値をご紹介します。

重要な点を一つ。

「ルーメン」と「ANSIルーメン」については、明るさの比較として極めて重要な要素なので、各社の記述をそのまま引用しています。

それぞれの公式サイト内の記述から、そのまま引用して紹介します。

しかし、ホームページ内に推奨値について直接の言及がない場合、各社製品のPR文章から参考になると思われる部分を引用し、読みやすいよう適宜、主語・助詞・句読点などを補いながら紹介しています。

Ankerの推奨値

推奨値について、Anker公式サイト内の記述は、以下の通りです。

暗めの部屋であれば、100ANSIルーメンでも十分に映像コンテンツを楽しめます。数値が大きくなるほど、明るい部屋でも視聴しやすくなります。(※1)”

※1. 引用元:Anker Japan公式サイト内「プロジェクターの選び方」
https://www.ankerjapan.com/pages/point-nebula

「自宅でプロジェクターの映像を楽しむためには、最低でも100ANSIルーメンは必要」というのが、Ankerの見解のようです。

EPSONの推奨値

推奨値について、EPSON(エプソン)公式サイト内の記述は、以下の通りです。

“ご家庭の明るいリビングで、100インチ以上で楽しみたいなら、2,000ルーメン以上がおすすめです。(※2)”

※2.引用元:エプソン公式サイト内「ホームプロジェクターの選び方」
https://www.epson.jp/products/dreamio/select/

「明るい部屋で大画面を投影するなら、2,000ルーメン以上は必要」というのが、EPSONの見解のようです。ただし、単位表記がANSIルーメンではなく、ルーメンになっていることには留意してください(以下についても同様)。

SONYの推奨値

SONY公式サイト内には、ホームプロジェクターの明るさについて、推奨値が記載されていませんでした。

そのかわり、2022年8月に新製品がリリースされるようなので、同製品の明るさについての記述を、一部引用して紹介します。

“VPL-XW7000は高輝度3,200ルーメンで、明るい環境でも没入できる視聴体験を提供。(※3)”

※3.引用元:SONY公式サイト内「商品一覧/ビデオプロジェクターVPL-XW7000」
https://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-XW7000/

BenQ

BenQ(ベンキュー)公式サイト内には、ホームプロジェクターの明るさについて、推奨値が記載されていませんでした。

ただし、ビジネスプロジェクターの最小スペック(打ち合わせスペース・小会議室)における推奨値については記載があったので、ホームプロジェクターに近似する参考値として紹介します。

“遮光カーテンやブラインドで遮光できる環境であれば、60~80インチで「~2,999 lm」。(※4)”

※4.引用元:BenQ公式サイト内「シーンから製品を選ぶ」
https://www.benq.com/ja-jp/business/projector.html

「小さなスペースで遮光環境が整っていても、3,000lmに接近する明るさが必要」というのが、BenQの見解のようです。

XGIMI

XGIMI(エクスジミー)公式サイト内には、ホームプロジェクターの明るさについて、推奨値が記載されていませんでした。

ただし、同社製品「HORIZON」のPR文言内において、以下のような記述があったので紹介します。

“HORIZONは、2,200ANSIルーメンという圧倒的な明るさを誇り、外光の多い部屋でも明るさに負けず、一日中にきれいな映像をご堪能できます。(※5)”

※5.引用元:XGIMI公式サイト内「HORIZON」
https://jp.xgimi.com/pages/horizon

「2,200ANSIルーメンは、圧倒的な明るさ(日中でも視聴可能な明るさ)」というのが、XGIMIの見解のようです。

手のひらサイズのモバイルプロジェクター

ホームプロジェクターに必要な明るさの目安は?

プロジェクターの光を見つめる女性

明るさの比較として、自社基準値であるルーメンでは、比較のしようがありません。

統一基準値である、ANSIルーメンで比較する必要があります。

5社の中で、明るさについて明確にANSIルーメンでの記述があるのは、「Anker」と「XGIMI」の2社。

これら2社の説明が言わんとする内容は、以下のようになるはずです。

「ANSIルーメン」を元にした見解
  • ホームプロジェクターには、最低でも100ANSIルーメンは必要(Anker)
  • 2,200ANSIルーメンあれば、昼間でもきれいな映像が視聴可能(XGIMI)

Ankerの言う「最低でも」とは、「暗い部屋」での利用を想定していると推測できます。

よって、上記2社の推奨値から、ホームプロジェクターに必要な明るさの目安は、以下のようにまとめられるでしょう。

まとめ
  • 暗い部屋:100ANSIルーメン以上
  • 明るい部屋:2,200ANSIルーメン以上
ケンジントン

個人的な考えでは、500ANSIルーメンあれば問題ないと思いました。初めてレンタルした200ANSIルーメンのプロジェクターは、日中の利用で画面の薄さが気になったので、最終的には500ANSIルーメンの製品を購入しました。500ANSIルーメン以上は画質が良いですが価格が跳ね上がるため断念。。。

自宅に届いたレンタルプロジェクター
短焦点プロジェクターのアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA