プロジェクターでNetflixを見る方法とは?問題が発生した際の解決策も紹介

プロジェクターでネットフリックスを見る人

せっかくプロジェクターを購入したのなら、Netflix(ネットフリックス)でいろいろな映画やドラマを楽しみたいと考える方は多いでしょう。

この記事で得られること
  • プロジェクターでNetflixを見る方法
  • プロジェクターでNetflixを見る際に発生する問題点と解決策

こういったポイントについて解説します。プロジェクターでこれからNetflixを見ようとしている方も、問題が発生してNetflixが見られず困っている方も、ぜひ参考にしてください。

ネットフリックスのロゴマーク
手のひらサイズのモバイルプロジェクター

プロジェクターでNetflixを見る方法

今回はプロジェクターでNetflixを見る方法として、代表的な3つの方法を紹介します。

プロジェクターでNetflixを視聴する方法
  • Fire TV stickを接続する
  • Android OS搭載型プロジェクターを購入する
  • iPhone・iPadを接続する

「Fire TV stick」を使ってNetflixを見る方法

プロジェクターでNetflixを見る方法として、もっともシンプル&メジャーなのが、Fire TV stickを使って見る方法。

ファイヤーTVスティックの接続方法
※テレビの代わりにプロジェクターに差し込むだけ

Fire TV stickをプロジェクターに差し込むだけで、Netflixが見られます。

なぜ、Fire TV stickをプロジェクターに差し込むだけで、Netflixが見られるのか。

それは、Fire TV stick自体に、Netflixのアプリが内蔵されているからです。

これはプロジェクターを使いこなす上で重要なポイントなので、理屈を覚えておいても損はありません。

Netflixだけでなくアマゾン・プライムビデオやHuluなど、多くのストリーミングサービスが利用できるのもメリット。

いろいろな動画配信サービスをプロジェクターで楽しみたい方にも、おすすめの方法です。

「Fire TV Stick」は4,980円、4Kで美しい映像が楽しめる「Fire TV Stick 4k」は、6,980円で購入できます。

「Fire TV stick」の使い方(4ステップ)

  1. Wi-Fi環境があるか確認する
  2. Fire TV StickをプロジェクターのHDMI端子に接続する
  3. コンセントにつなぐ
  4. インターネットに接続する

もしプロジェクターにHDMI端子がない場合は、変換アダプタが必要です。

ほとんどのプロジェクターにVGA端子が搭載されているため、HDMIをVGAに変換するアダプターを用意しましょう。

変換アダプタを接続すると、規格の問題で映像が正しく出力されない可能性があります。

基本的には、HDMI端子が搭載されているプロジェクターを選ぶのがおすすめ

「Android OS搭載型プロジェクター」でNetflixを見る方法

Anker社のプロジェクター・nebula-capsule-II

プロジェクターにAndroid OSが搭載されていれば、外部機器を接続することなくNetflixが見られる場合があります。

Androidはスマートフォンに搭載されているOSなので、プロジェクターにスマートフォンを動かすシステムが、くっ付いているイメージが近いでしょう。

スマートフォン同様、アプリをプロジェクターにインストールするだけでNetflixが視聴可能なので、お手軽です。

Anker製プロジェクターの多くには、Android OSは標準装備されています。

Anker製プロジェクターの良い点
  • 高輝度
  • 高解像度
  • 3Dサラウンドシステム
  • コンパクトサイズ
  • シンプルデザイン
  • お手頃価格

Anker製のプロジェクターには、以上のようなスペックの製品が多いのが特徴。

Netflixを視聴することを前提として、これからプロジェクターを購入しようと考えている方は、Ankerの製品を候補の一つに加えてみてはいかがでしょう。

レンタルしたプロジェクターを移している様子

「iPhone・iPad」を使ってNetflixを見る方法

お手持ちのiPhoneやiPadを、Netflixを視聴できる環境に設定しているのであれば、直接プロジェクターに接続してしまうのも一つの方法です。

ただし、接続するためにはiPhoneのライトニング端子、プロジェクターのHDMI端子のアダプター、ケーブルを購入しなければなりません。

HDMIケーブルを使って接続する場合はこちら↓↓

VGAケーブルで接続する場合はこちら↓↓

ライトニング端子+アダプター+ケーブルの合わせ技で、それなりの出費を覚悟する必要があります。Fire TV stickの購入より費用が割高になりますし、手間なのがデメリットでしょう。

もう1点。この方法だと、プロジェクター起動中は、iPhoneやiPadを動かせないのが難点です。

それなら最初から、Fire TV stickやAndroid OS搭載型プロジェクターを購入した方が、使い勝手がよいと言えるかもしれません。

「iPhone・iPad」でNetflixを見る手順

主な手順
  1. HDMIライトニングケーブルアダプターをiPhoneに接続する。
  2. iPhoneに接続したアダプタのHDMIポートにHDMIケーブルを接続する。
  3. HDMIケーブルのもう一方の端がプロジェクターに接続されていることを確認する。
  4. Netflixのアプリケーションを開き、自分のアカウントにログインして、見たい動画を再生する。

プロジェクターでNetflixを見る際に発生する問題点と解決策

Netflixが観れない時に検討する主な問題点
  • 著作権の問題
  • 技術的な問題(接続するアプリや機器の問題)

プロジェクターでNetflixが見られない場合、上記の問題が発生しているケースが多いようです。

上記2点は、「技術的な問題が著作権の問題を解決していない」といった具合に、それぞれ有機的に影響しあう要因なので、話が少しややこしいかもしれません。

順を追って簡単に、それぞれについて解説しましょう。

自宅に届いたレンタルプロジェクター
ケンジントン

個人的には、問題が発生してからでは対応できない場合もあるため、プロジェクターをレンタルして事前に問題が起こらないように対応することをおすすめします。

著作権の問題とは?

最初に結論をズバッと言ってしまえば、プロジェクターでNetflixが視聴できない場合、メーカー推奨の純正品を購入・接続することで、問題の多くは解決されるはずです。

これだけでは少々乱暴なので、もう少し丁寧に説明しましょう。

ここで問題になるのは、「ミラーリング」です。ミラーリングとは、スマートフォンやタブレットのディスプレイ上で表示する内容を、スクリーンなどにリアルタイムで映し出すことを指します。

ミラーリングに対応したプロジェクターなら、端末上の画面をプロジェクターから映すことが可能です。

ただし、ミラーリングで映し出される映像は、著作権保護の対象。

不正コピーができないよう、接続するアプリや機器に強い制限がかかります。

簡単に言えば、不正コピーを防ぐDRM(デジタル著作権管理)の問題を、接続するアプリや機器の規格がクリアしていない、ということです。

恐らく、プロジェクターでNetflixが見られない場合の多くは、著作権保護技術である「HDCP」にアプリや機器が対応していないためと推測されます。

技術的な問題(接続するアプリや機器の問題)とは?

プロジェクター側でチェックするべき項目
  • プロジェクターの内蔵アプリが非対応
  • HDMIの規格が非対応
  • AirPlayには非対応
  • 設定がドルビーに非対応

技術的な問題とは、以上のような「Netflix社による機器認証の問題」を指します。

Netflixが認可した以外のアプリや機器で接続した場合、Netflixが視聴できないケースがあるということです。

プロジェクターの内蔵アプリが非対応

Android OSを搭載したプロジェクターではなく、独自のOSを搭載したプロジェクターだと、Netflixが見られない可能性があります。

この場合、たとえばyoutubeは視聴可能なのにNetflixは視聴不可能、といったケースが出てくるでしょう。

まれに、Android搭載のプロジェクターでも、Netflixから機器の認証を受けていないため、視聴できないケースもあるようです。

いずれにせよこのような場合は、Fire TV stickを接続するなど、内臓アプリを介在させなければ、Netflixが見られるようになるはずです。

HDMIの規格が非対応

Netflixのコンテンツは、DRM(デジタル著作権管理:不正コピーを防ぐ仕組み)で保護されています。

Digital AV Adapter(Appleの純正アダプター)以外のアダプターを使用していると、Netflixが見られないかもしれません。

HDMIの規格が、HDCP(高帯域幅デジタルコンテンツ保護)に適合していないからです。

HDMIコードで試すべき内容
  • HDMIケーブルの両端を逆にする(入れ替える)
  • 純正品のアダプターを試す

このような方法で、Netflixが見られるようになる可能性があります。

AirPlayには非対応

2019年以降、iPhone・iPadでAirPlayを使ってNetflixは視聴できなくなりました。

この場合、iOS11.2.6以降のバージョンを搭載しているiPhone・iPadで、Apple純正のHDMIアダプターを接続すれば、問題は解決されるはず。

もっと簡単に、Fire TV Stickを接続すればNetflixが視聴できるはずです。

設定がドルビーに非対応

映像は見られるものの、音声が出てこないケースが、まれにあるようです。

プロジェクターの設定がドルビー音声非対応になっているのが、その原因かもしれません。

この場合、設定を変更すれば問題は解決されるはずです。

【まとめ】fire TV stick使用またはレンタルで事前チェックがおすすめ

自宅に届いたレンタルプロジェクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA