【青森】旅行を盛り上げるおすすめ漫画6選

青森県ねぶた祭りの山車

青森を旅行するなら、青森のグルメや観光地、歴史や文化を学びたい!おすすめを知りたい!!

旅行気分を盛り上げてくれて、ラクに楽しく美味しいグルメや有名な観光情報を手に入れたい!!!

自宅に居ながら青森旅行した気分を味わうことも出来るから、忙しい旅好きにもおすすめ。

ガイドブックにも載らないようなグルメや観光地、おすすめの景色や、青森県民も知らないような土地の文化を深く知れる興味深い話も満載。

青森を舞台にした旅を感じられるおすすめ漫画6選をご紹介!!

青森県の基本情報

県庁所在地青森市
人口(推計)1,214,036(全国第31位)
人口密度128.42(全国第41位)
面積9,645.64km2(全国第8位)
主なグルメ大間まぐろ、りんご、黒にんにく、せんべい汁、けの汁、いちご煮、津軽そば、十和田バラ焼、のっけ丼、味噌カレー牛乳ラーメン、しじみソフトクリーム
主な観光地弘前城、八食センター、太宰治記念館「斜陽館」、高山稲荷神社、
主なイベント青森ねぶた祭り(8月)、八甲田樹氷(11〜5月頃)、りんごもぎ取り体験(9〜11月頃)
主な景色スポット白神山地、奥入瀬渓流、十和田湖、十二湖(青池)、仏ヶ浦、恐山霊場、
世界遺産白神山地、北海道・北東北の縄文遺跡群

青森を舞台にした旅を感じられるおすすめ漫画6選

津軽先輩の青森めじゃ飯! / 仁山渓太郎

【概要】

青森の新聞社に新卒で入社した東京っ娘・飯美。先輩のきつ~い津軽弁に戸惑いつつも、青森の美味しい物、温かい人々に、どんどんはまっていく!?

海の幸、山の幸、青森グルメが超~満載!!のローカル漫画。

津軽先輩の青森めじゃ飯!(電子書籍)
created by Rinker

「津軽先輩の青森めじゃ飯!」を無料試し読みする

ましろのおと / 羅川真里茂

【あらすじ】

津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。

師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。

【特徴、その他補足】

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂(らがわ・まりも)が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!

ましろのおと(電子書籍)
created by Rinker

「ましろのおと」を無料試し読みする

ふらいんぐうぃっち / 石塚千尋

【あらすじ】

見習い魔女の木幡真琴は、15歳になったら独立して家を出るという「魔女のしきたり」に従い、使い魔の黒猫チトと共に、実家の神奈川県横浜市から遠く離れた青森県弘前市で暮らし始める。

又従兄弟の圭・千夏兄妹のいる倉本家に頼って、居候を始めることになった。

青森の親戚の家で暮らしはじめまして、今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、またいとこの圭(けい)や千夏(ちなつ)たちと毎日げんきに暮らしている。

1人の若い魔女と彼女を取り巻く人々の、騒々しくも穏やかな日常の風景が淡々とコミカルに描かれる。

【特徴、その他補足】

作中には舞台となる青森県弘前市に存在している名所・風景などが数多く登場していて、ファンの間では聖地巡礼が行われているほどの大ヒット漫画。

created by Rinker
¥528 (2021/11/28 14:26:05時点 楽天市場調べ-詳細)

「ふらいんぐうぃっち」を無料試し読みする

ちゃぺ! 津軽鉄道四季ものがたり

【あらすじ】

主人公の島守沙代は明るく、かわいい小学生のため地域の人たちから「ちゃぺ」と呼ばれている。

「ちゃぺ」は津軽の言葉で子猫の意味。

作品の舞台は青森県津軽半島を走る津軽鉄道沿線であり、ちゃぺの住む終点の津軽中里駅周辺と始点の津軽五所川原駅周辺はしばしば登場する。

毎日、津軽鉄道を利用しているちゃぺと彼女を取り巻く地域の人々の交流を描く人情作品。

created by Rinker
¥278 (2021/11/28 14:26:06時点 楽天市場調べ-詳細)

マグロ一本釣り伝説 じょっぱれ瞬!

東京の中学3年生・小泉瞬が、蒸発した父親の借金を返済するためマグロ漁に出る物語。

借金の担保は自宅だったが、“家が無いと母親が帰って来られない”と父親の残した3千万を返済するため、大間港でマグロを釣り上げようとする。

マグロ一本釣りで一攫千金を狙う少年、小泉瞬! しかし、本州最北端・大間の海はそんなに甘くはなかった!! 波に洗われ血にまみれ、少年は巨大マグロに立ち向かう! その死闘の果てに瞬がつかんだものは!?

created by Rinker
¥70 (2021/11/28 14:26:06時点 楽天市場調べ-詳細)

リアリズムの宿

貧しい場末の民宿に入ってしまい、逃げようとして逃げられずに一晩を過ごした物語。

主人公はまちがって、その「リアリズムの宿」に泊まってしまいます。

咳き込んで炬燵にじっとしている不愛想な宿の夫。額に絆創膏を貼っているやつれた妻。

主人公が逃げ出そうとすると「サンビスしますから」とすがりつき、散歩に出る口実で外に出ようとするとカバンを置いていってほしいという……。

【特徴、その他補足】

井伏鱒ニの文学に影響され、しきりに旅行をしていた時期の短編集。

表題作は青森県五能線沿岸へ旅した時の作品である。心にしみる『旅』作品集の傑作。

created by Rinker
¥1,294 (2021/11/29 04:51:30時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA