らしく生きる

落ち葉が茂る遊歩道をゆっくりと散歩していた時のこと、突然何かが道を横切ろうと垣根の下から勢いよく飛び出してきた。

一匹の黒猫。

驚いてつい立ち止まったら、向こうもこちらに気がついて動きを止めた。

目が合ってしまった。

しばらく見つめ合った後、目を合わせたままゆっくりとお辞儀をして道を譲ると、黒猫は然も当然だろと云わんばかりにそのまま行ってしまった。

変なことをしてるなって思われるかもしれないけれど、なんだか猫には敬意を払いたくなってしまう。

人懐っこいところをみせてくれたかと思えば、そればかりでは違和感がある。

自由奔放で気まぐれでいるからこそ猫なのである。

猫は猫らしく、

らしく生きるのが一番なのだと学んだ一日。

僕らしさとはなんだろうか。

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA