その国の歴史を知る旅

ダラットで出合った若者達と話してて、

やっぱり旅の醍醐味は人との出会いだなって感じたケンジsanです。

ベトナムは最後の都市、ホーチミンへやってきました。

避暑地のダラットから、首都のホーチミンに来て気温が一気に上昇

でも気温上昇の一番の原因はコレなんじゃないかと思う。

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

ホーチミン、バイクの数が多すぎて笑える

ハノイでもバイクの多さに驚いたけど、ホーチミンはそれ以上でした。

排気ガスが半端ない

そんなことにもめげずに、ホーチミンの観光地を巡ります

この日、最初に訪れたのは、統一会堂(旧大統領官邸)

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

南ベトナム政権時代に使用されていた建物で、

大小100近くの部屋があったり、宴会室とかダンスホールまでありました。

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

今も国賓を迎えたりする際には、ここで迎えたりするんだって。

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

続いて、戦争証跡博物館にも行きました

ここにはベトナム戦争で使用された戦車や大砲、爆弾など戦争遺物が展示されてた

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

ベトナム戦争って名前では知っていたけど、その中身は全然知らなかった。

せっかくなので、薄っぺらい知識ながらここでおさらい

【ベトナム戦争】

簡単に説明すると、民主化を図ろうとする南ベトナムと共産化をすすめる北ベトナムの武力衝突。けれど、実質的には南側を支援するアメリカと北側を支援するソ連、中国との代理戦争

北ベトナム側の南ベトナム民族解放戦線(通称ベトコン)の兵士のジャングルを利用したゲリラ作戦に苦戦したアメリカ軍が高濃度のダイオキシンを含んだ枯葉剤を散布し、その影響で、今でも奇形児が産まれるなどの後遺症が残っていることが有名な事実。

館内には、当時の風景や戦争のその一瞬一瞬を切り取った写真がずらり

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

中には、その当時の日本の対応や状況がわかる資料も展示されてた

ここに載せた写真はほんの一部で、実際には信じ難い光景が

いくつも

いくつも

いくつも

目に飛び込んで来て

正直苦しかった。

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

どれも目を覆いたくなる写真ばかりだったけど、

これが戦争なんだって言葉では表せないような気持ちになって

ちゃんとは分からないなりにも英語の説明文にも目を通して、

ゆっくりゆっくりと時間をかけて見て周りました。

小谷建仁の~ただいま世界一周中~Blog

その国の歴史を知ることも旅の一つの目的。

今でもベトナムでは奇形児が産まれていて、

展示された写真の中には、自分より後の年に生まれた人もいて、

ベトナムを歩いている中でそういった人も実際に見かけました。

戦争の痕跡はあちこちに残っていてベトナムの人たちの心は

まだ戦争の傷からは癒されてはいないんじゃないかって思いました。

そして、みんなが戦争の恐ろしさを知っとくべきだと思いました。

機会があればホーチミンの博物館へ寄ってみてください。

安否確認どうもありがとうございます

こちらのランキングも応援してもらえたら嬉しいです。
読んだら1クリックどうぞよろしくお願いします。

PC、iPhoneの方はこちら↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

携帯はこちらから↓
世界一周ブログランキング—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA